趣味・遊び

雑誌読み放題コスパ比較 ドコモ、AU、ソフトバンク、楽天

投稿日:

「雑誌読み放題」というサービスがあるのをご存知ですか?

月に一定金額を支払うことで、週刊誌、雑誌や書籍、マンガなど数百誌が、スマホやパソコンで読み放題になるというサービスです。

このサービスを提供しているのが、スマホを提供している通信事業者です。

ドコモは「dマガジン」、auは「ブックパス」、ソフトバンクは「ブック放題」、楽天は「楽天マガジン」という名前で提供しています。

驚くのは、その料金です。それらの雑誌、すべて読み放題で月額400円前後という低価格。なんと、週刊誌1冊分の金額です。

読める雑誌数は数100種

提供している本をみてみると、日本で発売されている週刊誌や雑誌のほとんどがカバーされているのではないかと思うくらいすごいです。

雑誌や書籍は各社、カテゴリー別に探しやすく整理され、各カテゴリー20~50種類くらいの本が登録されています。

【楽天 楽天マガジン】
楽天マガジン

【カテゴリー分類 例:楽天マガジン】
・女性ファッション・ビューティー
・女性ライフスタイル
・男性ファッション
・男性ライフスタイル
・グルメ・トラベル
・スポーツ・アウトドア
・IT・ガジェット
・ビジネス・経済
・ニュース・週刊誌
・家事・インテリア
・趣味・娯楽

これだけ揃っていると、図書館の雑誌コーナーのような感じで、読んでも読んでもキリがありません。

これを週刊誌400円程度の値段で提供してしまっていいのだろうか・・、サービスを受ける側が、ちょっと心配になってしまいます。

雑誌読み放題が広まれば、雑誌の売れいきはますます落ちてしまうでしょうね。

【dマガジンDOCOMO】

DOCOMO dマガジン-->

雑誌読み放題サービスの料金とサービス比較

料金は、月額400円~600円の範囲で提供されています。

週刊誌や雑誌の取り揃えは、どこでも同じ200~300誌です。それに、マンガ、増刊号、るるぶなどのムック本などを加えて、各社特徴づけをしています。

サービスの料金と特徴

DOCOMO 「dマガジン」の料金と雑誌数

  • 料金~月額400円(税抜)
  • 週刊誌、雑誌250誌に加え、増刊号やムック本を加え合計400誌
  • 利用台数~スマホ・タブレット・PCなど最大5台まで

ソフトバンク 「ブック放題」の料金と雑誌数

  • 料金~月額500円(税抜)
  • 雑誌200誌以上、漫画2000冊、るるぶ100冊
  • 利用台数~スマホやタブレット合計5台、パソコン1台

AU 「ブックパス」の料金と雑誌数

  • 料金~マガジンコース 月額400円(税抜)
  • 雑誌300誌以上
  • 料金~総合コース 月額600円(税抜)
  • 雑誌とマンガと書籍で合計4万冊 
  • 利用台数~スマートフォン、タブレット、PCで最大5台まで

楽天「楽天マガジン」の料金と雑誌数

  • 料金~月額380円(税抜)
  • 週刊誌、雑誌で250誌以上を提供
  • 利用台数~スマートフォン・タブレット5台まで、PCは2台(一部制限あり)

利用の仕方

雑誌読み放題のサービスは、スマホやタブレットの場合は、アンドロイドは「GooglePlay」 、iPhone iPad の場合は「APP STORE」から専用のアプリをダウンロードして使います。

パソコンで見る場合には、各サイトへ行きログインして使います。

自分の使っている通信キャリアでなくてもアプリケーションは使えます。AUやソフトバンクのスマホでも、DOCOMOの「dマガジン」を見ることができます。

複数の端末が登録できるので家族みんなで使える

雑誌読み放題サービスのもう一つの特徴は、複数台の端末での利用が可能なので、家族みんなで使えるということです。

1つのアカウントで最大5台までの端末で利用できるので、家族全員がそれぞれの端末で自由に読むことができます。

雑誌読み放題

お父さんは老後設計や趣味、お母さんは料理や旅行、若い方はファッションやゲームなど、まさに読みたい放題。

電車の中や、銀行や病院の待時間など、スマホを取り出して雑誌や週刊誌を読むことができるので、とっても便利です。

初期登録から1ヶ月間の無料でお試し購読がありますので、とりあえず登録して30日以内に利用してみてはいかがでしょうか。

30日以内にキャンセルすれば、もちろん無料です。

-趣味・遊び
-, , , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.