趣味・遊び

焚火(たきび)に癒される方へおススメの焚火グッズ・焚火カフェ

投稿日:

数年前から1人で気ままにキャンプする「ソロキャンプ」が人気ですね。芸人で youtuber の「ヒロシ」がその火付け役とも言われています。

いくつになっても「秘密基地」のようなものに魅力を感じワクワクする男性は、機会さえあればソロキャンプをしてみたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

キャンプと言えば焚火(たきび)

キャンプと言えば切っても切り離せないのが「焚火(たきび)」です。

焚火には不思議な力があるように思えます。

薪からちょろちょろと燃える炎や、ゆっくりとたなびく煙、パチパチとはじける音に癒しを感じ、焚火にあたっているだけでストレスが飛ぶと思いませんか?

キャンプに限らず、自宅の庭でも焚火ができたらどれほど癒されるかと思います。(※現在は消防法により、自宅での焚火は禁止されています。)

渡哲也さんも焚火フリークだった

先日亡くなった渡哲也さんも、焚火フリークで、唯一の趣味が「焚火」だったと知りました。

自宅での焚火が禁止になる前は、よく庭で焚火をしていたそうです。時には大きな焼き芋をふるまうこともあったようですね。

焚火でストレスを解消したり、家族や仲間と団らんしたりと、焚火にはそんな力があると思います。

私たちが子供の頃は、落ち葉をかき集めて暖をとったり、家庭内の燃えるごみを燃やしたり、一斗缶に釘で穴をあけその中で物を燃やしたりしたものですが、今では懐かしい光景になってしまいました。

キャンプの焚火ギア

現在、比較的簡単に焚火が許されているのはキャンプ場ですね。キャンプ場のルールを理解し、マナーを守れば焚火も夢ではありません。

そこで、最近発売されたヒロシさんの本「ヒロシのソロキャンプ」から焚火のギアを少しだけご紹介します。

ヒロシのソロキャンプ

ヒロシがキャンプで使う全ギアが紹介されています。
これ1冊でキャンプを始めることができる保存版

ちなみに、「ギアって何?」と思われた方もいますよね^^; キャンプギアとは、「キャンプで使う道具」のことです。なんだかオシャレでマニアっぽい言い方ですね(笑

ヒロシの焚火ギア

焚火には焚火台

地面に直接薪を置いて焚火をすることを直火と言いますが、この直火を許可しているキャンプ場は年々減っているそうです。

そこで、必要なのが「焚火台」です。

良い焚火台は、組み立ても片付けも簡単で、テラテラと薪が燃えるさまも良く見える直火に近い感覚で焚火ができるものがおススメだと言います。

詳しくは、「ヒロシのソロキャンプ」にあります。買って読んでいるだけで行った気になれる本です。

ヒロシのソロキャンプ-~自分で見つけるキャンプの流儀~

焚火専門店がある

焚火フリークに是非ともご紹介したいのは、業界初の「火の専門アウトドアショップ iLbf(イルビフ)」です。

iLbf(イルビフ)は、 I Love the bonfire.「 私は焚火が大好きです。」より頭文字をとって名付けたくらいですから、その専門的知識とこだわりは相当なものです。

焚火専門店イルビフ

ここでは、実際に焚火が体験できる「焚火カフェ「BFC(BonFireCafe)」もあります。

火とアウトドアの専門ショップiLbfと焚火の体験できるスペースBfLabo(ビフラボ)の間のスペースに「焚火」と「食」の融合の形を模索できるよう焚火カフェ「BFC(BonFireCafe)」を展開します。カフェスペースには展示スペースもあるのでゆっくりくつろげるかと思います。

用品を実際に使ったり、お客様自身で焙煎したコーヒーで飲めたりピザを焼いたり、といった体験ができるようなカフェを目指しております。

焚火フリークの端切れとしては、是非とも行ってみたいお店です。

火とアウトドアの専門 iLbf(イルビフ)
所在地 〒342-0003 埼玉県三郷市彦成4-4-17

-趣味・遊び
-, , , , , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.