健康・美容のこと

男の老化防止 体型、薄毛、シミ対策の強敵は紫外線

投稿日:

ひさしぶりに友人に会うと、「お、一段と薄くなったね・・」「太りすぎじゃないの?」などが挨拶代わりに飛び交います。

一通りお互いの外観をいじっりあった後、再開を祝して冷えたビールで「乾杯!」となります。

中年の体型

皆、同級生なので同じ年齢なのですが、若さの度合いはかなり違います。

10歳以上若くみえる人、反対に10歳以上老けて見える人など、見た目の差は20歳くらいあります。

この差はどこにあるのでしょうか。

若さは筋肉量の勝負 筋肉があると立ち姿勢が違う

でっぷりしたお腹、脂肪で丸くなった背中、ちょっと首を前にだし体を左右にゆらして歩けば、典型的な親父スタイルですね。

一方若くみえる人は、立ち姿勢がまったく違います。胸を張り、お腹はストレート、背骨のラインもくっきり見え、後ろ姿では年齢の見分けがつきません。

その差をつくっているのは、筋肉です。筋肉を鍛えている人は、やっぱり若いです。

長渕剛さん(1956年生)、渡辺 謙さん(1959年生)、ダウンタウンの松本人志さん(1963年生)など、バリバリ筋肉を鍛えていますよね。

永遠の若大将、加山 雄三さん(1937年生)は、82歳で筋トレをやりすぎて腰椎椎体骨折になったそうです。

そのニュースを聞いて「若大将は、まだ鍛えていたんだ・・」と感心しました。

家庭でできるユーチューブでの筋肉トレーニング

筋肉を鍛えるには、トレーニングジムや市の運動施設などへ行く方法もありますが、 家庭でyoutubeを見ながら鍛えるという方法もあります。

youtubeには「筋肉は裏切らない!」で有名なNHK『みんなで筋肉体操』や、体幹トレーニング、運動エクササイズなどの動画がたくさんアップされています。

筋肉体操
<youtube NHK「みんなで筋肉体操」より>

youtube動画の良いところは、パソコンを見ながらいろいろなトレーニングができるところ。
 
5分程度のトレーニングでも、毎日やっていると着実に体型が変わってきます。

私たちの世代になると衰えていくものばかりですが、自分で成長できる部分を目にすることができるのはとてもうれしいですね。

「死ぬまで若い!」が理想の姿、衰えを感じている方は、ぜひ筋トレを始めてみてください。

髪の薄さはやっぱり遺伝 みんな親父そっくり

小中校の同級生に会うと、髪の薄さや若ハゲは「やっぱり遺伝的なものが強いな・・」と実感させられます。

自分も含めてですが、皆小さいときに会った彼らの父親にそっくりになっていますよね。

髪の毛は、はっきり言って「遺伝」です。髪がふさふさしている親父の子は、やっぱり毛が残ってました。

薄毛の対抗措置として、かつらや増毛などの手もあるのですが、お金やメンテがかかり過ぎてとても手が出ません。

父の遺伝子と闘いながら60歳で髪量をなんとかキープしている友人によると、「頭皮マッサージ」が一番効果があるそうです。

髪の毛の量ばかりは、ほんと自分でもどうしようもないですよね・・。

髪の薄さは髪型とおしゃれでカバー

その髪の薄さをカバーして若返る方法があります。それは、ヘアースタイルと小物でイメージを変えることです。

薄毛になると誰でも薄毛を隠したがるのですが、これはまったく逆効果と言われています。

薄毛になったら髪量に執着せず、サイドを短くしてトップを立たせて顔の重心を上にもっていくだけで、かなり若返ることができます。

さらに、メガネをおしゃれなものに変えると、イメージはずいぶん違ってきます。

武藤敬司さん(1962年生)のように、体をマッチョにして「スキンヘッド+サングラス」などがキマると、よりかっこよいですよね。

通気を出してカットサロンへ行き「若い感じにお願いします」と言い、ファッションや小物に気を使えばかなり若返ることができます。

まずは、残っている髪を切る勇気が大切です。

顔のシミをこれ以上増やさない

老けた印象を与えるのに、顔のシミがあります。

男性の場合、顔の右側や手の甲に大きく茶色のシミを作っている人が多いですよね。

これは紫外線によるもので、車にのって右側の窓から直射日光を、ガンガン浴びていたためとも言われています。

手のシミ

さらに私たちの若い頃は、夏は「日焼け止め」ではなく小麦色に焼く「サンオイル」でしたから、シミができないわけありません。

顔のシミを指で隠すだけで、結構若返ります。(ぜひやってみてください。)それを見たら、シミを消したくなってきます。

なんとかならないかと、小林製薬の男性用「ケシミン」をつけてみましたが、あまり効果がありません。

やっぱり確実に消すには、美容整形や皮膚科でレーザー治療を受けるのが一番のようです。

石田純一さん(1954年生)も60歳の頃、レーザーシミ消しをやっていました。最近は男性の方も、かなりレーザーシミ消しを受けているようです。

料金を調べてみたら、5ミリ程度のシミなら5000円程度。やれば、約4週間後にはシミはきれいに消えてしまいます。

紫外線カットのニベア日焼け止めを1年中つける

私は「これ以上シミを増やさない」戦略に切り替え、毎朝、1年中、紫外線カットのためニベアの「日やけ止め」を顔と手の甲につけています。

日焼けどけ

「日焼け止め」をつけ続けて2年目なのですが、効果絶大でシミの増えは止まりました。

歳をとると肌も弱くなっているので、若い時の何倍も紫外線の影響を受けてしまいます。

それをカットすることで、シミやシワの進行がかなり抑えられます。

ヒアルロン酸も入っているので、ひげそり後の肌対策にもなるし、ニベアの「日焼け止め」おススメです。

-健康・美容のこと
-, , , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.