健康・美容のこと

自分ではわからない親父臭 加齢臭の元「皮膚ガス」って何?

更新日:

中高年男性の嫌われる理由の一つに、オヤジ特有の臭い「加齢臭」があります。

特に強烈なのは、「体臭とタバコとアルコール」が混じった匂い。

オヤジ臭

前の晩に酒を飲んで、電車に乗る前に一服して、階段を駆け上がり汗をかいて電車に飛び乗ってくる中年男性は最悪です。

若い女の子は後ずさりし、次の駅になるとドアから一度降りて、別のドアから再び乗る人もいます。

もしそんな光景が自分の周りで起こったら、迷わずに「自分が臭っているんだ」と思ってください。

中高年の「体臭とタバコと酒」組み合わせは最悪の臭い

私は、酒を飲みすぎて50歳のときに緊急入院し、以降「酒とタバコ」をやめることになりました。

それまでは、中年男性の加齢臭などまったく気になりませんでした。というより自分でもそうだったので、わからなかったのかもしれません。

しかし酒とタバコをやめて半年もすると、中高年男性の加齢臭がわかるようになりました。

1日に30本タバコを吸っていた私が言うのもなんですが、タバコを吸っている人の臭いは強烈です。

半径1m位は臭いが充満し、女性が車両を一度降りたくなる気持ちがわかるようになりました。

臭いの原因はタバコばかりではありませんが、中高年になると身体から不快な臭いを発していることは事実です。

50代になったら「自分は大丈夫かな?」と思うより、「自分は臭っている」ことを前提にして、エチケット対策をしておく必要があります。

誰でも臭うけど「クサイ」と言われると辛い

8月4日の毎日新聞に『驚きの破壊力!中高年男性臭の元「皮膚ガス」とは』という記事が掲載されていました。

汗ばむ季節に気をつけたいのが体臭です。周囲の表情の変化をうかがい、「『加齢臭がする』『おっさん臭い』と言われているのではないか」と神経質になっている中高年男性はいませんか。

人間の皮膚の表面には、体臭の元となる“皮膚ガス”が発生しているといわれ、その種類は300以上。においは「チーズ」や「使い古された油」など、年代によって変化します。

出典:8月4日 毎日新聞より

この記事では、打ち合わせのとき後ずさりする女性部下の姿や、中学生の長女から「お父さん おっさん臭いから洗面所先に使わないで!」と言われ、悩む43歳の男性が紹介されていました。

男性は、汗臭さを防ぐため、香り付きの汗ふきシートでこまめに拭いていたそうですが・・。

娘さんからの指摘に、立ち直れなくなってしまったそうです。

その気持わかりますよね・・・。洗濯を分けられたり何かにつけ「オヤジ臭い!」を連発されると、気分まで落ち込んでしまいます。

臭いの原因は皮膚ガス!中高年男性はさらに臭いがプラス

実は、人間の皮膚の表面からは常に「皮膚ガス」が発生していて、これが「オヤジ臭」の原因になっているんだそうです。

「皮膚ガス」の発生原因は3つあります。

  1. 皮膚の表面にいる常在細菌が皮脂を食べてガスを発生させている
  2. 汗や皮脂に紫外線があたり化学反応をおこしガスを発生させている
  3. 汗腺、脂線、血液成分から臭いを発生させている

この理由を見る限り、人間生きている限りだれでも「皮膚ガス」を発生させていることになりますよね。

では、若い時や女性では気にならないのに、なぜ中年男性になると臭くなるのでしょか。

男の臭い

それは、男性は30代以降になると、皮膚から新たなガス「ミドル脂臭(中年男性臭)」がでてくるからだそうです。

ミドル脂臭は、汗の中の疲労物質や乳酸が原因で発生し、さらに年をとってくると今度は「加齢臭」が加わってきます。

つまり、中高年男性は「皮膚ガス+ミドル脂臭+加齢臭」の3つが加わった強烈なものとなり、周囲に悪臭を撒き散らすようになります。

こんな記事を書いていると自分でも悲しくなってきますが・・。何らかの手を打たなければなりません。

体臭は体の状態が強く影響している

体調が悪かったり、ストレスがあると臭いは強くなると言います。

臭いでがんを見分ける「がん探知犬」が話題になりましたが、「臭い」と「体調」はそれほど密接に関係しているんだそうです。

糖質制限、ダイエット、糖尿病、便秘、腸内環境の悪化、肝機能の低下なども、独自の臭いとなって現れてくるそうです。

臭いを抑えるには、健康が第一。健康であり体調が良ければ、臭いもかなり抑えられます。

まずは、たばこやお酒を控えて睡眠をしっかりとり、ストレスを解消し体調を整ることが大切です。

食事では、肉や魚を食べすぎず、抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンCを摂取すると良いそうです。

そう言えば、酒とタバコをやめジムに通い、運動で汗を流すようになってから、臭いも弱まったような気がします。

朝シャワーで夜かいた汗をしっかり流し落とす

一番効果があるのは、朝シャワーだそうです。寝ている間にたくさん汗をかいているので、そのままにしておくと皮膚ガスがたっぷり放出されてしまいます。

夜はぬるめの湯にはいって交感神経を沈め、朝は少し早めに起きてシャワーを浴びることで臭いもかなり抑えられるそうです。

朝シャワー

香水や制汗剤は、組み合わせを間違えると逆効果になることもあるので注意が必要です。

シトラス系の香りは加齢臭にはいいけれど、汗臭、疲労臭との相性が悪く、かえって妙なにおいになってしまうようです。

まずは、朝シャワー。そして健康管理、タバコは絶対に止める、これだけでかなり「オヤジ臭」を抑えられます。

このまま「臭い!」を言い続けられる人生は、御免被りたいですよね。

みなさん、共にがんんばりましょう!

(本記事は2019年8月4日 毎日新聞を参照に記事にしました)

-健康・美容のこと
-, , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.