お金のこと 生活のこと

家族葬を希望する人が急増!りっぱな葬式時代は終った 

投稿日:

人生最後のセレモニー「葬式」。その葬式のあり方に、少しづつ変化が現れつつあります。

背景にあるのは「終活ノート」です。就活ノートは、自分の人生をどのように終わらせるかを記入し遺族に託すことができます。

その「葬式」の欄に、身内だけの「家族葬」や、何も行わない「直葬」を希望する人が増えています。

また、お墓についても、「共同墓地」や「樹木葬」と記する人が多くなってきました。

背景には、葬儀やお墓にあまりにも費用がかかることの反省があるのかもしれません。

また、就活ノートの登場により、世間体より「故人の希望」が優先的に認められる時代になったからかもしれません。

「りっぱな葬式」って故人の評価?

葬式と言えば、お通夜、本葬である告別式を行うのが当たり前となります。

故人の祭壇には供花や供物が盛大に飾られ、葬儀場の外には名札つきの花輪がズラッと並びます。

葬式

お通夜では通夜ぶるまいが行われ、帰りには香典返しが渡されます。

田舎では、参列者の数と、供物の数、使った葬儀場の大きさが、故人の評価みたいな感じになっています。

「りっぱな葬式だね・・」「寂しい葬式だね・・」という言葉に、疑問を感じているのは私だけでしょうか。

高額で不透明な葬儀費用

葬儀にかかる費用は、全国平均で約200万円と言われています。この金額は、葬儀費用として遺族が支払う金額です。

それ以外に、供花、籠盛り、花輪などの供物があります。供物は、1つ1万5000円~2万円で費用は贈った側が払います。

葬儀費用は不透明さで定評があり、何にどれだけかかっているのか曖昧な部分がたくさんあります。

葬儀の進行中にどんどん追加され、請求時には見積もりとまったく違った金額になり問題になっているケースもたくさんあります。

供物にしても「供花、籠盛りの原価っていくら?」「使いまわしの花輪の名札が2万円?」と、葬儀については疑問だらけ。

そんなことを考えてしまうと、故人を偲ぶはずの葬式が、とても虚しくなってしまいます。

最初の夏には新盆周り 

葬儀が終り最初の夏には、「新盆」があります。新盆に出掛けないわけにもいかないので、また香典を包んで出掛けます。

田舎に住む友人は、毎年約20軒の新盆があるそうです。

新盆

最低でも3千円包むので、20軒で6万円。それを奥さんと手分けしてお盆の間に回ります。

新盆には住職を呼び供養してもらい、お墓には塔婆をたて、お寺にはお墓の管理費を払います。

お墓がない家では新しくお墓を建て、3回忌、7回忌、13回忌・・と法事を行います。

ほんとうに、こんなにお金がかかっていいんでしょうか・・。

世界一高い日本の葬儀費用

うちの母は「子供に迷惑をかけたくないから」と、少ない年金から少しづつ葬儀費用を貯め用意しています。

そうでもしないと、突然の葬儀に対応できない現状があるからです。

日本での平均葬儀費用は約200万円と言われています。

世界の葬儀費用は、アメリカ約44万円、韓国約37万円、イギリス約12万円だそうです。

日本の葬式がどれだけ高いのかわかりますよね。アメリカの5倍、イギリスの10倍ですよ。

これでは、悲しみどころではなく、葬式の最中、お金の工面を心配をしなけばなりません。

お金が絡まない付き合い

老後資金不足と言われるなか、余分な出費は極力抑えていかなくてはいけません。

親の付き合いが子供に受け継がれることは、地域生活していく上でとても大切なことだと思います。

しかし、その付き合いにお金が絡んでしまうと、とても苦しいものになってしまいます。

そのお金が絡む源となっているのが、いわゆるりっぱな「葬式」です。

香典

りっぱな葬式やお墓で喜ぶのは故人や遺族ではなく、どう考えても葬儀社やお寺ですよね。

私は終活ノートに自分の葬儀を「家族葬」と指定することで、その流れを断ち切ることを考えています。

葬儀は家族葬、お墓は共同墓が、これからの時代の流れになっていくのではないでしょうか。

-お金のこと, 生活のこと
-, , , , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.