お出かけ・旅行・見学

【日帰り温泉】茨城県北茨城 断崖露天風呂「大観の湯」

更新日:

疲れてくると「海を眺めながら、温泉に入りのんびりしたいな・・」という気持ちになります。

そんなときは、脳が疲れているとき。そこで思い切って、脳のストレス開放のため、日帰り旅行をすることにしました。

移動手段はクルマ、日帰りで片道2時間、海があり日帰り温泉に入れるところ。

その条件となると、西は熱海、南は勝浦、北はいわきあたりが範囲となります。

運転中も「ぼーっ」としたいので、渋滞が少ない常磐道を選択。

五浦海岸

行き先は、高速インター出口より近いところから、茨城県北茨城市の「五浦温泉」にしました。

都心から2時間 渋滞もなくのんびり過ごせる港町

北茨城にある五浦温泉は、都心から約180km、交通渋滞がなければクルマで2時間ほどで行けます。

朝9時に自宅の埼玉を出発。外環道を通り三郷から常磐道に入り一路北茨城へ。

日曜日にもかかわらず常磐道は空いていて、途中10分のトイレ休憩を入れて約2時間で北茨城インターに到着です。

北茨城インターから、五浦温泉までは約10kmの距離。途中に漁港「大津港」があるので、ここで小休止。

大津港

岸壁まで車を乗入れ、釣り人を眺めたり漁船を見たりと、潮の香りを吸い込みながら30分ほどぶらぶら過ごしました。

大津港には、けっこう大型漁船が停まっていて、大きなクレーンを積んでいる船もあります。

大型漁船

船員さんが掃除をしていたので、クレーンを何に使うか聞いたら、「地引の網を上げるのに使う」とのことでした。海を眺めていたら気持ちもすっかり旅気分。

港には漁協の直営市場食堂があり、水揚げしたばかりの生シラス丼1,330円や、冬のシーズンには名物の「あんこうどぶ汁椀定食」が1,700円で食べられます。時間的にもここで昼食がベストです。

生しらす丼

潮の香りを満喫しお腹もいっぱいになったところで、目的に五浦温泉へ向かいます。

大津港から目的地「五浦温泉」へ

五浦へ向う途中に「岬公園」があり、ここから太平洋と五浦の全景が一望できます。

ここは、明治時代の有名な日本画家、岡倉天心が日本美術院を設立した場所で、彼とその弟子たちは、風光明媚なこの地で海を眺めながら創作活動をしていたそうです。

六角堂

ガラス張りの赤い六角堂は、当時、海を写生をする場所として建てられたそうですが、2011年の東日本大地震の時の大津波で跡形もなく破壊され、その後海底から材料を探して再建されたとのこと。

日帰り温泉は、五浦観光ホテル大観荘の中にあります。

大観荘

日帰り温泉は、宿泊客の合間のサービスのため、入浴時間が11時~15時、18時~21時に限定されています。

料金は1000円、JAFの会員証を提示すると500円割引きのサービスをしていました。(期間限定かも・・)

身体がポカポカ温まる「ナトリウム・カルシウム塩化物温泉」

お風呂は内湯と露天風呂が2つ。温泉は「ナトリウム・カルシウム塩化物温泉」で、黄色がかった透明の塩気のある温泉で、断崖絶壁の上にあります。

潮騒をききながら、のんびり入浴することができました。

だれもいないタイミングで、動画をとってみました。

風呂上がりは、オープンテラスの休憩所やロビーにはコーヒーショップもあるので、ゆっくりと過ごすことができます。

五浦には入浴の時間をいれて4時間ほどの滞在でしたが、とってもいい息抜きができました。

-お出かけ・旅行・見学
-, , , , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.