お金のこと

貯金がなくても老人ホームに入れる|知って得する施設の基礎知識

更新日:

年金が少ない、貯金がない、こんな状況では将来介護が必要になったとき老人ホームに入れないのでは?と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

老人ホーム

老人ホームには、大きく分けると、公的な特別養護老人ホーム、民間の住宅型・介護型老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などがあります。

一般的な民間の有料老人ホームは、地域にもよりますが、月額15万円~25万円が相場です。(※入居一時金がかかる施設もあります)

また身元保証人が必要な施設も多く、支払い能力の審査もあります。家賃の滞納が3か月以上続くと、退去勧告がなされます。

では、お金がない人は老人ホームには入れないのでしょうか。結論から言うと貯蓄がなくても入居は可能です。

今すぐ入居と言うわけではないけれど、情報を知っているだけでも、安心して老後を過ごせますので、頭の片隅に入れておくと良いですね。

老後は老人ホームが当たり前の時代に

私たち親の世代(戦争経験者)は、自分の親を自宅で介護をするのが当たり前、老人ホームに入れるなんて親不孝だ・・・と言われる時代でした。

老人ホームは、不快な場所と言うイメージを持っている人も多かったと思います。

そして、その親が高齢になった現在は、逆に老人ホームに入れるのは幸せな高齢者、お金がないと老人ホームにも入れないと言う風潮に変わってきました。

無理して家庭内介護をすると、子どもが仕事を辞めざるを得なく、親が亡くなった後の生活が立ち行かなくなったり、介護疲れから家庭崩壊を招いたり、最悪は無理心中などと言う悲しい結末を迎えることも珍しいことではありません。

家庭内介護

「できれば親の介護は老人ホームで」と言う時代になり、「介護は介護のプロに任せる方が本人もその家族も幸せだ 」と言う認識が広まっています。

介護の考え方が大きく変わった今、「それでも老人ホームに入るには、まとまったお金が必要。毎月の支払いが継続できない」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

これは、家族がいるいないにかかわらず高齢者が不安に思うトップに掲げられ、おひとり様ならなおさら感じるかと思います。

お一人様は、お金がなければ老人ホームに入れない?

おひとり様は、金銭面でも頼れる家族がいない・・・たとえ身内がいても頼りたくないと言う事情を抱えている方もいるかと思います。

お金がなくては老人ホームに入れないのでは?とはなから諦めている方もいるようです。

まだ、諦める必要はない

年金が低め、貯金もあまりないと言う一人暮らしの高齢者には、公的施設でかつ単身者向けの「ケアハウス」があります。

ケアハウスは、「軽費老人ホームC型」と言われる施設で、自治体の助成を受けることで安く利用できる施設です。月額は、だいたい7万円~13万円ほど。

特別養護老人ホームとは違い、初期費用に30万円ほどかかりますが、身内がいなかったり、年金や貯金が少ない方でも入居できる施設です。

有料老人ホームの価格が以前より安くなりつつあるので、ケアハウスは多少減少傾向にありますが、特別養護老人ホームより入居難易度も高くないようです。

例えば、年金が13万円程度、貯蓄が50万円ほどの単身高齢者でも入居が可能です。

このように、老人ホームと言っても様々なタイプがあり、一概に「貯金がないから入居は無理だ」と決めつける必要はないかと思います。

老人ホームの色々なタイプを知っていれば、老後の不安が少しは軽減されるかと思います。

年金が低い、貯金がないと言う方は、「ケアハウス」を検討してみてはいかがでしょう。

-お金のこと
-, , , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.