食べること

カップうどん「どん兵衛」や「赤いきつね」を数倍美味しく食べる方法

更新日:

日ごろはカップラーメンなどの「カップ麺」をあまり食べないのですが、たま~に食べるのが「カップうどん」。

年齢のせいか「カップラーメン」より「カップうどん」や「カップ蕎麦」の方が身体に合ってきた今日この頃です。

それでも、「カップうどん」を食べるくらいなら「冷凍うどん」を作って食べた方が美味しくて安上がりかなと思っていました。

そんなとき、マツコさんのテレビで「カップうどん」を数倍美味しく食べる方法を紹介していました。

皆さんも絶賛しており、「そんなに美味しくなるなら!」とやってみたのが、この「カップうどんを数倍美味しく食べる方法」です。

カップうどんを数倍美味しく食べる方法

テレビで紹介されていたカップ麺は「どん兵衛」でしたので、同じ「どん兵衛」で試してみました。

どん兵衛

カップ麺ならカップにお湯を注いで5分待ちますが、この方法は、お鍋で乾麺を茹でます。

まずはお鍋にお湯を沸かします。沸騰したお湯で5分間茹でます。

お湯の量はカップ麺を作るときと同じ410ml。5分間沸騰させる間に多少水分が蒸発するので、私は420ml入れました。

お鍋で5分茹でる

茹でていると、だんだん麺が半透明になっていくのが分かります。

普通にお湯を注いでカップ麺を食べる時とは全く違う現象です。

麺を茹でている間に、丼に添付の粉を入れ準備しておきます。

添付の粉を入れておく

麺を5分茹でましたら、ゆで汁ごと丼に移しよくかき混ぜます。ゆで汁を使うことで汁がまろやかになります。これは、茹でている時、麺から少しでんぷんが流れ出ることで、スープがまろやかになるのだとか。

最後に油揚げは乾燥したまま麺にのせます。

カップうどんを茹でて食べる

私は、スープが油揚げに染み込みやすいように2つにカットしてみました。

何回か油揚げをお箸でスープに沈めたらすぐに柔らかくなりました。

食べた感想

なんと!麺がつるつるになり、まるで「稲庭うどん」の様です。

カップ麺で食べた時とは、口当たりとのど越しが全然違います。

麺も半透明になり、カップ麺のポキポキ感がまったくなくなりました。

強いてデメリットを上げると、麺が柔らかくなるので腰が弱く多少伸びた感じがしますが、のど越しと口当たりがよくなるので、断然美味しくなります。

皆さま、だまされたと思って一度やってみてください(笑)

ちなみに、茹でるのが面倒な方は、既定の5分ではなく10分置いた後に食べると、同じようにツルツルもちもちになります。

でも、やっぱり多少伸びた感じは否めませんが^^;

-食べること
-, , , , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.