生活のこと

新型コロナウィルス感染対策グッズ ドアノブやつり革に触りたくない

投稿日:

新型コロナウィルス感染対策と言えば、マスクに手洗い、アルコール消毒が鉄則です。

アルコール消毒液がない場合は、石鹸や台所洗剤で良く手を洗えば、同等の効果が期待できるようですから、先ずはマスクに手洗いですね。

そのうえで、もう少し対策したいと言う方に、ドアノブやつり革、エレベーターのボタンなどに触れずに済む「新型コロナウィルス対策グッズ」が販売されています。

形は、S字フックに似たもので、ドアの取っ手に引っ掛けて引っ張ったり、つり革に引っ掛けてフックの部分で体を支えたりするものが多いようです。

これなら、わざわざ買わなくても家にあるS字フックを利用することで代用できそうです。

でも、S字フックではちょっとつまらないですよね~

そこで、新型コロナで自粛生活が続いている中、少しでも遊び心をと言うことで、私の知り合いが「アマビエの新型コロナ対策グッズ」を作ってみました。

アマビエ

アマビエコロナ対策グッズ

疫病から身を守る妖怪アマビエ

新型コロナ騒動で一躍有名になったのが、妖怪アマビエです。

アマビエの言い伝え
wikiよりお借りしました

アマビエは、日本における伝説の半人半魚・妖怪。海中から光輝く姿で現れ豊作・疫病などに関する予言をすると伝わっている。

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。

その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間[注 3]は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

wikiより

このようなことから、今では新型コロナウイルスから身を守るお守りとしてネットで話題になり、トラックの荷台にアマビエのイラストを描いて走っているドライバーさんもいましたね。

知り合いが作ったアマビエは、3Dプリンターで制作すると言う物。頭に髪の毛(かつら?)付けると色々遊べます(笑

このような対策グッズは、新型コロナ流行以前は潔癖症の方のグッズとして認識されていましたので利用者は限られていましたが、今では、みんなが気を付けるようになりましたので、需要が増えていますね。

皆様も是非何か面白いアイデアで新型コロナ対策をやってみてはいかがでしょう。

ちなみに、以下のサイトでデータのダウンロードができます。(※商用利用不可です)

非接触フックとアマビエチャレンジ

興味のある方はどうぞと言うことです。

-生活のこと
-, , ,

Copyright© 定年ライフ|定年後の生き方・具体的な行動プランをサポート , 2020 All Rights Reserved.